アイピルの特徴

アイピルの特徴

アイピルは妊娠を望んでいない女性たちの間でよく服用されている薬です。
体内の女性ホルモンバランスを変化させることで、一時的に妊娠しにくい身体にします。
望まない妊娠をしてしまうと、中絶を選んだり出産して自分が当初計画していなかった生活を送ることになるでしょう。

そんな状況から女性を救ってくれるのが、緊急避妊薬としてのアイピルなのです。

アイピルはどんなときに使用するのか

アイピルはアフターピルと呼ばれる緊急避妊薬の一種です。
黄体ホルモンと卵胞ホルモンに似た成分が含まれており、セックスから72時間以内に飲むと体内のホルモンバランスが妊娠している時と同様の状態になります。

すると脳が妊娠していると思いこみ、排卵が抑制されたり子宮内膜の増殖が抑えられるのです。

アイピルの特徴

アイピルの他にもアフターピルはいくつものメーカーから独自の錠剤が販売されています。
アイピルはアフターピルの中でも高い人気を誇っており、その理由として身体にかかる負担が少ないことがあげられます。

アフターピルは低用量ピルに比べてホルモン量が多いことから、1度の服用でも結構な負担が身体にかかってしまうのですが、それでもアイピルは副作用がほとんどないことで、飲んだ後も日常生活に支障が出にくいのです。

アイピルの購入方法

アイピルは世界中の女性に飲まれている薬ですが、残念ながら日本では認可が下りていないために病院で処方されることはありません。

もしアフターピルとしてアイピルを持っておきたいという場合は、通販サイトを通して海外からアイピルを取り寄せる方法があります。
1箱(1回分)の相場が1,000~1,500円程度とお手頃な価格なので気軽に買うことができるでしょう。